ニコレットで禁煙チャレンジ

タバコを辞めようと頑張る男性とニコレットの写真

禁煙でお悩みの方、ニコレットで禁煙にチャレンジしてみましょう。いきなりタバコを辞めることは難しいですが、ニコレットは成分に若干のニコチンを含んでますので、無理なく禁煙が可能です。

ニコレットで一歩ずつ禁煙

ニコレットと耳にすると、ガムをイメージする方が多いのですが、ニコレットにはパッチタイプも存在します。
腕やお腹、背中といった部位に貼り付けておくことにより、禁煙中に見舞われる離脱症状が緩和されるという製品です。
医療用に指定されており、医師から指導を受けて使用するタイプと、ドラッグストアなどで買い求めるタイプがあります。
医療用の場合、特定部位に貼り付けておくと、安定して効果が得られます。
ドラッグストアで購入可能なタイプは、手軽に買い求められるものの、医療用に比べると用量が低いです。
そのため、市販品のニコレットで効果が見受けられなかった時は、医師に相談した上で、医療用を処方してもらうと良いでしょう。
医療機関から処方されるニコレットは、起床時に貼り替えるだけで良いので、利便性が高いです。
大きさは、大中小と3つに分かれており、大きさが小さくなるほど、製品中に含まれているニコチンの量も少ないです。
そのため、初期段階は大きなニコレットを使用し、段階に応じて小さなものに変えていくことで、体の内部に吸収されるニコチンの量を少なくさせられます。
一方、市販品のニコレットは、禁煙を開始してから6週間目まで使用する物をはじめ、7週間目から8週間目まで、9週間目から10週間目までと分かれています。
つまり、禁煙の状況に応じ、使い分けていくことになるのです。
具体的には、朝にニコレットを貼り、就寝前に剥がすという形式になります。
薬局で購入できるニコレットは、手軽に禁煙がスタートできるという利点があるものの、禁煙外来にお世話になる事に比べると、孤独感にさいなまれます。
また、医者との連携が無い分、気の緩みが生じやすいです。